仏教から発展した東洋美術

東洋美術は、釈迦による仏教の教えを伝えるものとしてインドで生まれ、東南アジアや中国にもたらされました。インドの仏教美術はギリシャのヘレニズム文化の影響を受け、独自に発展しましたが、偶像崇拝を否定するイスラム教の侵攻を受けて仏教を重んじる王朝が滅びると、ヒンドゥー教の文化が生まれました。一方、中国では、道教や儒教などの新たな思想と共に独自の文化が生まれ、朝鮮半島や日本へもたらされ禅などの文化に発展しました。

There is no content on this page yet.